ホワイトデーのお返しなしは脈なし?高校生男子の本音を紹介!

バレンタイン・ホワイトデー
スポンサーリンク

ホワイトデーにお返しなしの男子高校生。なぜお返しを返さないのか?

これって脈がないってことって焦っちゃいますよ。

そこで、ホワイトデーお返しなしの彼の心理と、お返しがない場合の解決法を紹介します。

これを知っていればもう焦ったりしなくなるかもしれませんよ♪

ホワイトデーのお返しがなくて不安な人は必見ですよ。

 





高校生男子がホワイトデーのお返しを返さない理由

ホワイトデー お返しなし 高校生

 

2月は男女どちらもドキドキを隠せない大イベント、バレンタインの季節ですね。

日本以外のバレンタインでは男性が女性に贈り物をする文化が多く、女性から男性にチョコを贈るのは日本独自の文化なんです。

日本ではチョコを渡すのが定番になり、義理チョコや友チョコなど渡す理由も幅広いものになってきましたが…やはり1番大切なのは“本命の相手へチョコを渡すバレンタイン”ですよね!

本命の相手となると義理や友達へのものとはまた違ったこだわりを持って準備すると思います。

手作りがいいかな…?人気なあのお店のチョコがいいかな…?などチョコの種類ひとつ悩んでしまうものです。たくさんの悩みや緊張に負けず、いよいよバレンタイン当日にそれぞれ思い思いのチョコを渡しますよね。

バレンタインが過ぎ去ると、あっという間にホワイトデーがやってきます。

 

バレンタインが2/14なのに対しホワイトデーは1か月後の3/14ですが、このホワイトデーも実は日本やアジアの一部でしか存在しない文化です。

 

先にチョコを渡す立場にある女性からするとホワイトデーもバレンタイン同様に大切なイベントですよね。

そんなホワイトデーにお返しを返さない男性は割と多いという事実が存在します。

せっかく気持ちを込めたからこそショックを受けてしまいますよね。

男性がホワイトデーにお返しをしないのは年代別に様々な理由が考えられますが、今回はその中でも「高校生男子の心理」にフォーカスを当ててお話ししていきますね!

 

義理チョコと勘違いしている

最近のバレンタインは本命に限らず、友チョコやファミチョコなどそれぞれに合った意味合いでチョコを渡すのも人気になってきていますよね。

良くも悪くもそんな日本のバレンタイン文化がどんどん変化したことにより、チョコを渡す本人以外はどんな意味が込められたものなのかを判断するのが難しくなってきてしまいました。

結果的に…本命で渡したとしても、チョコをもらった男子の感覚次第なので“義理チョコ”と判断されてしまうこともあるのです。

義理チョコと判断した男子は、「義理チョコならお返しもいらないか。」といったところで返さないことに深い意味はなく、ただ必要ないと思っている場合が大半です。

なかなか直接的に「本命だよ!」と伝えるのが恥ずかしい方も多いからこそ難しいところですよね。

義理チョコと勘違いされることを防ぐにはバレンタインのチョコと一緒に手紙を添えたり、「しっかりと気持ちを伝えておく」ことが大切です。

 

後から本命だったのになあ…と悔やむより、思い切って行動にうつしてみましょう!

 

 

お返しをするのが恥ずかしい

バレンタインのときチョコを渡すと決めても、いざその瞬間になると恥ずかしさや緊張を感じませんでしたか?

カップルであれば堂々と渡すことができても、気になっている相手または好きな相手といった段階ではそんなドキドキする気持ちが湧いてきますよね。

ホワイトデーに男子からお返しをするのは、まさにバレンタインのときにあなたが感じていた気持ちと同じで「恥ずかしい」と感じている可能性が高いということです。

そのためホワイトデーだと分かっていてもお返しをできずにいるのかもしれません。

 

お返しがないと落ち込んでしまいがちですが、逆に考えれば恥ずかしさがある以上、あなたに対して好意がある可能性も高いので、彼の態度を少し気にして見てみましょうね!

 

 

 

あなたに好意がない

このパターンは渡した側としてはなんとも悲しい状況ではありますが、お返しがないのはあなたに対して好意がないからという率直な理由も考えられます。

バレンタインを好きな相手にチョコを渡すイベントと考えている男子にとって、ホワイトデーにお返しをするのは「自分も同じ気持ち」だからこそと考えている場合が多く、だからこそ気のない相手には思わせぶりな態度は取らない!といったある意味では紳士的なタイプなのかもしれません。

ただし、「もうこれからは関わりたくない!」ということではなく、今は友達でいたいだけといった気持ちが大きいだけかもしれませんから、バレンタイン以降の彼の態度をよく振り返ってみましょう。

実は彼がバレンタイン近くに彼女と別れたばかりだったなどの場合、「もう女なんて…」と悲観的になっていることも。

そんなときには今の状況で恋愛を疎遠にしているだけかもしれませんから、長い目で見ていく余裕も大切ですね。

 

 

ホワイトデー自体に興味がない

バレンタインやホワイトデーはもちろん、日本には1年を通して様々なイベントがありますよね。

誕生日やクリスマスなどイベントによっては好きな相手と過ごすからこそ幸せ!なんて感じさせてくれるものも多いですよね。

しかしこういった“イベント”が苦手、または嫌いと感じる男性が多いのはご存知ですか?

いろんなアンケート調査の結果を見てみると男子高校生に限らず、どの年代層であっても少なからずそういったタイプの方がいます。

ロマンチックな恋愛を夢見る方にとってはショッキングな事実ではありますが、考え方は人それぞれですからね。

中でもバレンタインやホワイトデーに対して“関わる企業の陰謀!”なんて特に嫌う方も割と多いのです。

ですからそんなタイプの男子高校生がいてもおかしくないですし、その場合にお返しは期待できません。

バレンタインの季節が訪れる前にイベントに対してどういう考えなのかをうまくリサーチしておくと安心ですね。付き合うようになってから「こんなはずでは…」と悩むよりいいと思いますよ!

 

もういっそのこと開き直ってお返しを期待しない!といった考えもアリですね。

 

 

ただ単に忘れている

バレンタインとホワイトデーの両者を比べたとき、「どちらのほうがマーケティングに力を入れているように感じる?」と質問されたらどちらをイメージしますか?

おそらく多くの方がバレンタインと答えますよね。

バレンタインは本命に限らず色々な人に渡すことが多くなりましたが、ホワイトデーはお返しを渡す日というイベントに限定されています。

だからこそホワイトデーをしっかりイベントとして覚えていない方も多く、ホワイトデーはいつ?と聞かれても答えられないなんてことも少なくありません。

ホワイトデーのお返しがないのも、実は単純に忘れてしまっているだけという可能性が高いわけです。

それに加えて男性は女性に比べて、2つ以上のことを同時に考えることを苦手とする傾向にあります。

バレンタインにチョコをもらったときにはお返しのことをしっかり考えていたとしても、ホワイトデーの時期に勉強や部活のことなど、何かしら悩み事ができてしまうと頭がいっぱいになってしまい忘れてしまうことが起こりやすいのです。

 

お返しがないから必ずしも悪い展開ということではないので、誰かにホワイトデーの話をちらっと出してもらえば彼も思い出すかもしれませんね!

 

 

飛び切りのサプライズを考えている

ホワイトデーのお返しというとお菓子や日常で使えるものなどを贈るイメージしますよね。

だからこそホワイトデーの当日に渡せるはずでしょ?と思ってしまう気持ちも分からなくないですが…まだそう考えるのは時期尚早です。

なぜなら彼がホワイトデーを軽く考えていたり、忘れているわけではなく、とっておきのサプライズを考えているかもしれないからです。

 

期待しすぎて空回り…なんてこともゼロではありませんが、すぐに答えを出さずに少し彼の行動を楽しみにしてみるのも喜びが待っているかもしれませんよ!

 

 

スポンサーリンク



ホワイトデーのお返しなしは諦めるべき?

ホワイトデー お返しなし 高校生

 

バレンタインに本命として渡した場合、ホワイトデーのお返しはただお返しとしてだけの意味合いではなく、告白の返事と同等といっても過言ではないですよね。

でもバレンタインにチョコを渡す=本命とは限らない世の中になったので、相手としても本命なのか義理なのか確信が持てない場合があります。

ですから結論からお話すると、「ホワイトデーのお返しがないからと諦める必要はない!」ということです。

先ほどもご紹介したように、高校生男子がお返しを返さないのには様々な理由が考えられます。

ただ単に“お返しがないから興味も好意もない!”ということではありません。

バレンタインを機会に好きな気持ちを伝えるなら、お互いに頭を悩ませる必要がないようにホワイトデーに相手からも意思表示がしやすい状況を作っておくのがベストだと思います。

 

チョコと一緒に手紙を添えてみたり、渡したあとに本命だと伝えるメッセージを送ってみたり…好きな方法でOKですから、しっかり相手に気持ちが伝わるように思い切って行動することも大切ですね!

 

 

スポンサーリンク



ホワイトデーのお返しがない場合の解決法

ホワイトデー お返しなし 彼

いろいろな理由があることを分かっていても、ホワイトデーにお返しがないのはやっぱり悲しくなってしまいます。

 

そんなときどうやって乗り越えたらいいの?

と思いますよね。

 

そこで少しでも気楽になれる考え方や方法をお話していきますね。

まず大切なのはホワイトデーにお返しがあるという考えを捨ててしまうことです!

そもそもホワイトデーがあるのは日本やアジアのほんの一部だけですから、「好きな人に気持ちを伝える日」くらいにドンと構えてしまいましょう。

そうすることでお返しがないからと悩む必要がなくなり、心が落ち着きます。

またお返しにばかりではなく、彼の日頃の行動や態度に注目してみましょう。

お返しがなくてもあなたに対する行動に優しさや思いやりがあれば、それは前向きにとらえられますよね!

お返しよりも日常的にあなたに優しくしてあげたいと思うタイプかもしれません。ありのままの彼を受け入れてあげることも大切ですよ。

彼を理解していくうちに好きな気持ちがより高まるかもしれませんし、お返しよりも大切な何かを見つけられるかもしれませんからね!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトデーは世界的にも珍しいイベントですから、お返しばかり気にせず楽しく前向きに素敵なホワイトデーを迎えましょう。

彼の気持ちがあなたと同じでありますように!

 

■この記事を読まれた方はこんな記事もよんでいます。

 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。