東京大神宮に参拝後に実際におこった不思議体験を紹介!

素敵な結婚する方法
スポンサーリンク

お参りすると恋が叶うと有名な東京大神宮。

参拝後に “彼と復縁できた”  “彼と結婚できた” なんていうエピソードは多々あります。

そのような東京大神宮は今や東京を代表するパワースポット。

連日参拝する女性や、お守りを買い求める人たちの行列が絶えないほど。

 

また、東京大神宮には多数のおみくじがあり、おみくじによって書かれていることが違うので、おみくじを目的として参拝される方も多くいます。

そのような、女性に大人気の東京大神宮。

 

今回は、東京大神宮を参拝した人の不思議体験をご紹介します。

様々な不思議なエピソード、ほっこりするエピソードをご紹介するので、こちらの記事を参考に恋や仕事のパワーをつけてくださいね♪

きっと、この記事を読んだ後は、東京大神宮に参拝に行きたくなるはずです。

 

 





東京大神宮の参拝後におこった不思議体験【恋愛編】

東京大神宮 不思議体験

 

まずは東京大神宮の参拝後に起こった不思議体験の恋愛編についてご紹介します。
片思いや復縁、結婚まで、様々なエピソードがあるのでお楽しみください。

 

【片思い編】

 

今の旦那は幼馴染です。

ずっとずっと、幼馴染の距離感を大切にしていました。

高校生になった頃から、幼馴染を異性として意識し始めて3年。

お互い高校生の時は彼氏彼女がいたので、意識していたものの、幼馴染の関係を壊そうとはなりませんでした。

しかし、彼の彼女に対しての相談に乗っていたら、“なんで隣は私じゃないのだろう”と思いました。

その後すぐ、当時の彼氏に別れを告げ、幼馴染のままの距離を置きました。

 

フリーになってすぐ、友達に誘われていった東京大神宮。

参拝後、友達からよく当たる時いて買った恋みくじ。

その中には“長縁が良縁を生む”と書かれていました。

その時の私は舞い上がり、そのお守りを財布に入れ大切にしていました。

その半年後、彼は当時の彼女と別れ、その数ヶ月後に彼に告白し付き合い、今は素敵な旦那さんです。

 

東京大神宮への参拝で、パワーをもらった気がしています。

 

 

【復縁編】

 

当時、付き合っていた彼に振られて傷心していた私を気遣って、友達が連れ出してくれたのが東京大神宮でした。

 

当時の彼は野球部でキャプテンになり始めた頃。

私との負担が大きかったのか、“野球に集中したい”と言われ、私は振られました。

 

東京大神宮は友達が、次を探そうと言って連れてきてくれたのですが、到底その気にはなれません。

 

そんな私を見兼ねて、友達は“復縁をお願いしてみたら?”と言ってくれ、参拝の時は彼とヨリを戻せることをお願いしました。

 

そして、せっかくだから絵馬を書きたいと思い鈴蘭の絵馬を選びました。

“彼とよりを戻せますように”そう書いて、しっかり飾りました。

 

その約1年後、彼が入っていた野球部は見事に地区で優勝し引退しました。

そして、その数週間後に彼からもう一度告白をされ付き合うことに!友達と東京大神宮にとても感謝しています。

 

あの時、絵馬を書いてよかったとすごく思います。

 

 

【結婚編】

 

婚約した彼から、婚約破棄をされました。

 

5年も付き合っていたので、相当のダメージがあり、もう恋愛も結婚もできないと、ひどく落ち込みました。

 

もう気が滅入っていた私は、神頼みしかないと思い、ご利益のある神社やパワースポットを探しました。

 

その時、出てきたのが東京大神宮です。

静岡に住んでいたのですが、新幹線を予約し一人で東京に行きました。

 

お参りをした後、鈴蘭のお守りを買いました

お参りの時は、何度も何度も結婚を願いました

私にとって家庭を持つことが夢だったからです。

 

その3ヶ月後、友達に誘われていった飲み会で出会った男性と交際が始まり、半年で結婚しました。今では子供にも恵まれています。

 

信じるものは救われる。本当にそう思いました。

 

 

スポンサーリンク



東京大神宮の参拝後におこった不思議体験【お仕事編】

東京大神宮 不思議体験

 

良縁は恋愛だけではありません。

仕事にだって縁というものはあります!

そこで次に、東京大神宮の参拝後に起こった不思議体験をご紹介します。

 

 

入社したばかりで、私は不安な生活ばかりでした。

同期は仕事もよくでき、有名な大学の子ばかり。

 

周りと比べてばかりで、自信もつけることができませんでした。

ただ、入社した会社では本気でやりたいことがあったので、その気持ちだけを持ち仕事を頑張っていましたが、仕事は効率よくできないことが多く、日々上司に怒らればかり。

 

そんな時、休日に学生の頃の友達と東京大神宮に参拝に行きました。

 

“友達は彼氏ができるようにお願いする”と言っていたので、恋が叶う神社なのだと思っていました。だから、参拝は何となく“彼氏ができますように”と参拝しました。

 

帰り際、願い札が目に止まり、友達の足を止めました。

私が今願うなら、今の仕事についてしかないと思い、願い札に“冬のコンペで優勝できる”と書きました。

 

友達は、恋の神様だから叶わないと馬鹿にしていましたが、気にせず願い札を書きました。

 

その後、日頃の仕事に少し慣れてきましたが周りに比べると、仕事ができていない現状は変わりませんでした。

 

ただ、何か企画や考えることが好きだったのでコンペだけは力を注ぎました。

そして、応募したコンペは優勝したと同時に、私がしたいと思っていた企画の仕事を任されることになりました。

 

あの時、ふと思い立って書いた願い札。

私はその願い札に勇気と負けない力をもらえた気がしています。

 

 

 

スポンサーリンク



願いが叶ったらお礼参りを忘れずに!

東京大神宮 不思議体験

 

恋が叶った!という方、お礼参りは忘れていませんか?

参拝も、もちろん願いを叶えるために大切ですが、叶った後は神様に感謝の気持ちやお礼を伝えることも同じくらい大切です!

お礼参りで感謝の気持ちを伝えないと、お願いが無かったことに・・・なんてこともあります。

せっかく叶ったことを大切にするためにも、お礼参りに行っていないという方はこちらの記事を参考に、ぜひもう一度お参りに行ってみてください。

これから参拝に行くという方も、お礼参りのことを片隅に入れておいてくださいね。

 

【お礼参りの方法】

① お参り前に手水舎で手や口を清める
この時、柄杓1杯の水で左手・右手・口を清めた後、柄杓を立てに持ち、取っ手を清めます。

② 拝礼は2礼2拍手1礼
賽銭箱にお賽銭を入れ、2礼2拍手1礼で拝礼します。

③ 感謝の気持ちをしっかり伝える
最後は自分の名前と住所を名乗った後、しっかりと報告と感謝の気持ちを伝えましょう。

お礼参りは、恋が叶った男性の方や、一緒に付き添ってくれた友達と行くこともオススメします。

そうすることで、神様も安心してくださり、今後も見守り続けてくれると私は信じています。

 

お礼参りのときは、願いが叶ったことの報告と感謝の気持ちを伝えるだけにして、新しいお願いはしないようにしましょうね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

東京大神宮に参拝にいったのち、願いが叶ったという人の話を聞くと自分もパワーがもらえ、自信にもなりますね。

ただ、私が感じたことは、どの方も東京大神宮に行くという行動力があるところと、本気で願いをお願いし、神様を信じている。そして感謝を忘れないという共通点があることです。

 

信じるものは救われる。

 

言葉の通り、信じて願い続ければ良縁を神様が届けてくれるのかもしれませんね。

 

少しでも、良縁を望んでいる方は、ぜひ東京大神宮に参拝してみてください。

そして願いを大切にし、信じ続けてみてください。

 

こちらに記事が少しでも、面白いと感じていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

■この記事を読まれた方はこんな記事もよんでいます。




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。