日焼け止めなしファンデーションだけは日焼けする?ファンデだけでUVケアできる優秀ファンデを紹介!

メイク・ファッション
スポンサーリンク

暖かくなり、シミや日焼けによる肌荒れが気になる季節になってきました。

そうならないためにも、UV対策しっかりしたいですよね。

でも実際、“毎日のメイクで日焼け止めを塗るのは面倒くさい”“日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう”と悩む女性が多くいらっしゃいます。

そこで今回は、日焼け止めなし。ファンデーションのみのUV対策についてご紹介します。

 

日焼け止めの肌の乾燥や肌荒れに悩んでいる人必見ですよ。

 

 





日焼け止めなし!ファンデーションだけは日焼けする?

日焼け 止めなし ファンデーション

 

 

UV対策といえば日焼け止めですよね。

日焼けが気になる季節になると、何度も日焼け止めを塗り直したりします。

その上からファンデーションをかぶせるなんてことも・・・

でも、それが大きく肌に負担をかけてしまっている場合があります。

汗に強い日焼け止めほど、油性のクレンジングが必要になり、肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があるからです。

 

そんなこと言っても、日焼け止めなしではUV対策できないのでは?

 

と、疑問に感じる方が多くいらっしゃると思います。

 

実は日焼け止めなしでも肌に負担を少なく、ファンデーションだけで日焼け止め対策ができます。

その、日焼け止め対策できるファンデーションがパウダーファンデーションです。

パウダーファンデーションの成分の中に、紫外線散乱材の一種である酸化チタンや酸化亜鉛が使用されています。

 

ですからパウダーファンデーションには、紫外線をカットする役割があるんです。

 

そんなパウダーファンデーションの中でも特にUV ケアできるのが、ルースパウダーファンデーションです。

 

ルースパウダーファンデーションとは、

パウダーがバラバラ・サラサラな状態のファンデーションで、ふんわりと満遍なく肌になじんでくれるのが特徴です。

 

 

 

スポンサーリンク



なぜ日焼け止めなしでファンデーションだけでUV対策できるの?

日焼け 止めなし ファンデーション

 

ではなぜ、パウダーファンデーションだけでUV対策できるのがご説明します。

 

先ほど、少し説明した通り、パウダーファンデーションには紫外線散乱剤が入っているため、塗っただけでも自然と紫外線カットをしてくれます。

その中でも、ルースプダーファンデーションはサラサラであるため顔料の密度が高くなります。

顔料の密度が高いと、肌の上にファンデーションが密着するため紫外線を大幅にカットしてくれるのです。

また、UVカットアイテムを使用しないため、強力なクレンジングを使用しません。

そのため、肌のバリア機能を守り、紫外線に強い肌をキープしてくれるのです。

 

 

スポンサーリンク



日焼け止めなしでも大丈夫!おすすめのパウダーファンデーションを紹介!

日焼け 止めなし ファンデーション

 

ここまで、日焼け止めなしの釜山デーションだけでもUV対策ができることをご紹介してきました。

次に、日焼け止めなしでも大丈夫な、オススメのパウダーファンデーションをご紹介します。

 

ETVOS(エトヴォス)ミネラルファンデーション

ETVOS(エトヴォス)ミネラルファンデーションを見てみる!
まずは、ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションという名前の通り、防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などが入っていないためとてもお肌に優しいパウダーファンデーションです。

 

そのため、敏感肌の方でも使用しやすいと好評です。

 

実は、肌に優しいため使用したまま寝ても肌に負担がないというほどです。

さらに、SPF30 PA++なので、日焼け止め対策にもぴったりなのですね。

 

肌に優しい分、メイク直しに使用すると肌に負担なく日焼け止め対策もしっかりできるのでオススメです。

日焼け止め対策となると、厚塗り感やベタつきが気になりますが、つけ心地はふんわりと軽いのに、シミや毛穴をしっかりカバーしてくれるという点でもオススメの商品です。

 

 

ORBIS(オルビス)サンスクリーン(R)パウダーリフィル


 ORBIS(オルビス)パウダーリフィルをくわしく見てみる!
ORBIS(オルビス)のサンスクリーン(R)パウダーリフィル。

暑い夏の皮脂による化粧崩れを防ぐという新発想のUVファンデーションで有名な商品です。

SPF50+PA++++で、絶対に焼けたくない人にオススメのパウダーファンデーションです。

 

使用用途としては、コンパクトなケースなので毎日のメイク直しとして持ち運ぶこともできます。

さらに、夏のレジャーシーンにもぴったりで、汗や皮脂に強いウォータープルーフ使用になっています。

 

また、化粧直しで気になる乾燥ですが、植物性保湿成分のローズマリー葉エキスを配合しているので、何度も化粧直ししても、肌を守ってくれますよ。

 

 

24hコスメ シルキーエアヴェールミネラルファンデーション

24hコスメ ミネラルファンデーションを詳しく見てみる!

 

24hコスメのシルキーエアヴェールイネラルファンデーション。

24h落とさなくても大丈夫というほど、お肌に優しいミネラルファンデーション。

 

ファンデーションなのにスキンケアができるという有名な商品です。

SPF 45 PA+++であり、保湿成分と天然ミネラルで開発されているため、肌に負担もかからずにUV対策が出来ます。

絶妙なカバー力なのに、軽いつけ心地が好評であり、メイク直しにもぴったりの商品です。

 

 

 

スポンサーリンク



日焼け止めなしでもファンデーションだけで紫外線予防するメイク法

日焼け 止めなし ファンデーション

 

では、実際に日焼け止めなしのファンデーションだけで紫外線予防できるメイク法をご紹介します。

 

ステップ①保湿はしっかりと肌に馴染ませる!

洗顔後のスキンケアは必ずしっかりと保湿してください。

化粧水の後、保湿効果のある美容液を肌になじませてください。

その後、乳液やクリームで閉じ込めます。

ここで注意したい点が、スキンケアを重ねすぎるとメイク崩れの原因にもなります。

なので、乳液やクリームは薄くつけましょう。

 

 

ステップ②ファンデーションを塗る

スキンケアが終わった後15分ほどなじませます。

スキンケアが馴染んだ後に、パウダーファンデーションを塗ります。

パウダーファンデーションは、ブラシに取り肌全体にくるくるとなじませてつけていきます。

特に日焼けしやすい鼻周りや頬骨はしっかりとつけましょう。

つけ始めは、粉っぽく感じる場合があります。

ただ時間が経つにつれて肌になじんでいくので気にしなくて大丈夫です。

 

 

スポンサーリンク



簡単なメイク直しの方法を紹介♪

パウダーファンデーションは、リキッドやクリームファンデーションに比べて密着度が低いです。

そのため、メイク直しが必要になります。

そこで、簡単なメイク直しの方法をご紹介します。

 

メイクが崩れてしまったら、崩れた箇所をティッシュで押さえなじませます。

その後パウダーを付け直せば完成です。

 

凄い!本当に簡単♪

 

もう少し、パウダーを持続させたいという方には、コットンと乳液を持ち歩くことをオススメします。

乳液を含ませたコットンで顔を拭き取り、手のひらで肌を押さえなじませます。

その後、朝と同様にパウダーファンデーションを塗り直すだけで持続します。

 

パウダーを付け直すので、紫外線カット力も復活しまし、パウダーファンデーションはメイク直しが必要になりますが、メイク直しをすることで細かくUVケアできます。

 

さらに、強力なクレンジングを使用せずにメイクを落とせるので肌への負担も軽くオススメです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

日焼け止めなしでもUV対策ができ、肌にも負担が少ないというのは、とても素敵なことですよね。

でも、パウダーファンデーションも完璧ではありません。

 

パウダーファンデーションだけで不安という方や日差しが強い時、長時間外出しているという時は、ぜひ、帽子や日傘も活用してくださいね。

 

ケアにケアを重ねることはとても重要です。

そして、年々強くなる日差しから自分の肌を守ってください。

こちらの記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。